メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策

コレステロールの測定値を知ることで自身の健康状態を認識することができます

コレステロールの簡易測定

具体的な診断を受診しなければコレステロール測定値は分かりません。自分で分かる症状が現れることもありません。測定値が上がっているかの確認方法を以下に記述します。最初は食事に関する項目から仮診断してみましょう。・肉類を好んで食べる・海草や野菜や嫌いで食物繊維が足りない・フライもの甘味類を好んで食べる・飲酒が多い、などはいかがでしょう。次は、日々の生活のリズムについての仮診断です・体が鈍りがち・精神的疲労が蓄積している・喫煙している・寝る時間が少ない、といったところです。コレステロールは太りすぎにも大きく関わっています。このあたりの仮診断もしてみましょう。・近頃体重が増えた・身内に測定値の高い人か高脂血症の人がいる、という感じでしょうか。上記の10項目の中で、該当するものがたくさんあるほど、測定値が高い可能性があるので、病院にいってみることをお勧めします。該当項目が3〜5個なら、コレステロール値は要注意になってしまいます。7個以上該当するときはコレステロール値が上がっていて、メタボリック症候群と診断される危険性が高くなります。早期に対応し、健康診断を受診するなどして、発病しないように気をつけましょう。

メタボ ワンポイント

Copyright 2008-2014 メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策 All Rights Reserved.