メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策

青魚には中性脂肪を減らす効果があります

中性脂肪に効果のある背の青い魚

エスキモーには、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病が極端に少ないということをご存知でしょうか。エスキモーは、アザラシや青魚を食べていることから中性脂肪が蓄積されにくいと言われています。人間は飢餓や寒さから身を守るために、余分なエネルギーを蓄積する必要がありました。中性脂肪は、そのために必要なものであり、食べるものがないときのエネルギー源になったり、体温維持の役割を持っています。現代では、飢餓の心配もないため中性脂肪は蓄積されるばかりとなってしまっています。そのため、生活習慣病となる確率も高くなっています。今や、中性脂肪は、需要と供給が取れない状態にあり、体の中で不必要に増えてしまっている人が多いといいます。中性脂肪は、適度な運動を行うことや、食生活を改善することで減らすことができます。それ以外に、青魚を食べることで中性脂肪を減らすことができると言われています。青魚には、多価不飽和脂肪酸の一つであるエイコサペンタエン酸が含まれています。エイコサペンタエン酸は、中性脂肪を低下させて、血流を改善します。エイコサペンタエン酸は、高脂血症の治療薬として使われているものです。青魚を食べる場合には、焼き魚にしてしまうと有効成分が出てしまうため、お刺身で食べるのが一番効果があるそうです。お刺身以外には、煮魚にして煮汁も一緒に食べると良いようです。

メタボ ワンポイント

Copyright 2008-2014 メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策 All Rights Reserved.