メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策

中性脂肪の減少に効果のある有酸素運動について説明しています

中性脂肪を減らすための運動

運動をすることによっても中性脂肪を減らすことが可能です。中性脂肪は、余分な糖分が脂質となって蓄えられたものなので、それを運動によって消費することができます。特に有酸素運動が良いと言われており、ジョギングウォーキング水泳などが効果的です。運動をすることで筋肉中のグリコーゲン、糖質、脂肪の順に消費されるそうで、脂肪が燃焼を始めるのは20分から30分後です。無酸素運動では、脂肪は消費されません。時間をかけて行う、ジョギング、ウォーキング、水泳などの運動で脂肪が燃焼されます。1キログラム痩せるためには、ジョギング、ウォーキングで30分から40分、水泳では30分から50分が目安と言われています。適度な運動は、カテコラミンが上昇することで内臓脂肪を分解、インシュリンの濃度が低下し、脂肪の分解を活発にしてくれます。運動により筋肉組織でLPL活性が上昇、エネルギーを供給し、脂肪細胞でLPL活性が低下して、脂肪蓄積を抑制するという効果もあります。中性脂肪を消費するには、食後1時間くらいの時間に運動をすることが望ましいです。食後1時間後は、血中に中性脂肪が流れているため、その間に運動をすることで校がカ高まるのです。急激な運動は、長続きはしませんから、出来るだけ軽い運動から始めると良いでしょう。

メタボ ワンポイント

Copyright 2008-2014 メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策 All Rights Reserved.