メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策

メタボ対策で重要なことは中性脂肪を減らすことです。食事の改善や運動を行い定期的に中性脂肪値をチェックしましょう

中性脂肪値を改善させるには

中性脂肪は糖質の2倍のエネルギーを持つため、糖質不足の際、体を動かすエネルギーとなります。そのため、体に必要不可欠のものです。少な過ぎても不健康ですし、多過ぎても体に悪影響を及ぼします。特に、「過多」と指摘された場合は改善させる必要があります。中性脂肪を過剰にしないためには、まず、食事の改善から始めましょう。食べ過ぎない程度にバランスの良い食事をとることが大切です。肉を控えめにして、魚や野菜を多くとるようにすると効果があります。最近は食生活が欧米型になってきているため、肉を全然食べないということは難しいことです。しかし、脂分の多い牛肉を避けて豚肉を食べたり、特に、鶏肉のササミのような脂肪分の少ない食材を使ったりすることで改善させることができます。野菜、魚には食物繊維や中性脂肪を低下させ、吸着して一緒に排泄するエイコサペンタエン酸という成分が含まれているものがあります。これらを肉類と一緒にとるだけでもバランスの良い食事になります。また、適度な運動で余分な脂肪を燃焼させることも必要です。散歩や体操などの軽い運動から始めて、徐々に水泳やジョギングなどを行うと良いでしょう。肉体的にも精神的にも負担にならない程度の運動を心がけることが大切です。このように、中性脂肪値食事や運動などの普段の生活の見直しによって改善することができます。

メタボ ワンポイント

Copyright 2008-2014 メタボからの脱出!メタボの正しい知識・予防と対策 All Rights Reserved.